コラムを読む

WEBコンサルに依頼して効果は出るの?【WEBコンサルタントのぶっちゃけシリーズ④】

WEBコンサルに興味はあるものの、「結局何をしてくれるかわからない」「コンサル費用が高そう」「ぶっちゃけうさんくさい」というような理由で二の足を踏んでいる中小企業経営者を対象に、WEBコンサルの業務内容やかかる費用、依頼する際のチェックポイントなどをご紹介する本シリーズ。今までは、WEBコンサルの定義や、お願いできること、そして費用についてお伝えしてきましたが、4回目の今回は、WEBコンサルにお願いして効果が出るのかということについて、お話ししたいと思います。]

「WEBコンサルに依頼すれば効果が出る」というのは間違い

誤解を恐れずに言うと、WEBコンサルに依頼した際の効果を「売上・集客アップ」と定義するのであれば、WEBコンサルに依頼したからといって、必ず効果が出るとは限りません。WEBコンサルは、「売上・集客アップ」をするための答えを知っている人たちではなく、答えを導き出すために伴走する存在であるからです。では、WEBコンサルに依頼して期待できる効果は何なのでしょうか?それは、「売上・集客アップ」のためのプロセスが整理され、実現に向けてPDCAを回しながら着実に施策を進めることができることだと考えます。具体的には、下記3つの効果です。

①売上・集客アップのための目標やKPIが整理される
「売上・集客目標が決まっていない」という企業は少ないのではないかと思います。一方で、その目標を達成するためのプロセスを数値化している企業は、業態や会社規模にもよりますが、まだまだ少ないと感じます。例えば、物販の会社であれば、売上目標を達成するために、サイトへの訪問数を上げるのか、客単価を上げるのか、リピート率を上げるのか、そのプロセスは多岐に渡ります。その中からどの指標を重要視していくのかを選択し、KPIとして設定することで、達成度合いをより精緻に見ていくことができます。

②WEBのプロの視点で自社に最適な施策を取捨選択できる
WEBマーケティングは日々目まぐるしい早さで進化しているため、最新の情報をキャッチアップするには常にアンテナを高く張っておく必要があります。また、数多くの施策の中から、何が自社に合っているのか取捨選択するのも難しい話です。自社の置かれている状況を理解した上で、WEBのプロの視点から、自社にとって最適なWEBマーケティング施策を提案してもらえるというのも、WEBコンサルに依頼した際の効果のひとつと言えるでしょう。

③外部の目を入れながら進捗管理やPDCAを回すことができる
中小企業においては、他の業務と兼務しているWEB担当者も多く、自社内でWEBマーケティング施策を行おうとすると、他業務に追われ、施策の遅延や、PDCAによる改善策の検討ができないまま進んでしまうこともあるかと思います。社内だけで完結してしまうと、「忙しいからしょうがない」という結論になってしまいがちですが、外部の目を入れることで、より建設的に「この状況下において、どうすれば実行できるのか」を検討することができ、結果的に施策が早く進むでしょう。

以上のように、WEBコンサルに依頼したことでの直接的な効果は、「売上・集客アップ」のためのプロセスを整理し、実現に向けてPDCAを回しながら伴走してくれるパートナーを得ることであり、その先に、「売上・集客アップ」の実現がある、と言えるかと思います。成果を導くための答えを教えてくれる存在というよりは、答えにたどり着くために伴走してくれる存在という方が近しいでしょう。

①売上・集客アップのための目標やKPIが整理される

「売上・集客目標が決まっていない」という企業は少ないのではないかと思います。一方で、その目標を達成するためのプロセスを数値化している企業は、業態や会社規模にもよりますが、まだまだ少ないと感じます。例えば、物販の会社であれば、売上目標を達成するために、サイトへの訪問数を上げるのか、客単価を上げるのか、リピート率を上げるのか、そのプロセスは多岐に渡ります。その中からどの指標を重要視していくのかを選択し、KPIとして設定することで、達成度合いをより精緻に見ていくことができます。

②WEBのプロの視点で自社に最適な施策を取捨選択できる

WEBマーケティングは日々目まぐるしい早さで進化しているため、最新の情報をキャッチアップするには常にアンテナを高く張っておく必要があります。また、数多くの施策の中から、何が自社に合っているのか取捨選択するのも難しい話です。自社の置かれている状況を理解した上で、WEBのプロの視点から、自社にとって最適なWEBマーケティング施策を提案してもらえるというのも、WEBコンサルに依頼した際の効果のひとつと言えるでしょう。

③外部の目を入れながら進捗管理やPDCAを回すことができる

中小企業においては、他の業務と兼務しているWEB担当者も多く、自社内でWEBマーケティング施策を行おうとすると、他業務に追われ、施策の遅延や、PDCAによる改善策の検討ができないまま進んでしまうこともあるかと思います。社内だけで完結してしまうと、「忙しいからしょうがない」という結論になってしまいがちですが、外部の目を入れることで、より建設的に「この状況下において、どうすれば実行できるのか」を検討することができ、結果的に施策が早く進むでしょう。

以上のように、WEBコンサルに依頼したことでの直接的な効果は、「売上・集客アップ」のためのプロセスを整理し、実現に向けてPDCAを回しながら伴走してくれるパートナーを得ることであり、その先に、「売上・集客アップ」の実現がある、と言えるかと思います。成果を導くための答えを教えてくれる存在というよりは、答えにたどり着くために伴走してくれる存在という方が近しいでしょう。

まとめ

WEBコンサルの導入を検討されている中小企業の経営者向けに、業務内容や費用など、気になることをお伝えしていく本シリーズ。第4回の今回は、WEBコンサルに依頼して、果たして本当に効果が出るのかというテーマについてお伝えしました。次回は、実際にWEBコンサルに依頼した後の、具体的な進め方についてお話します。

株式会社グローカルでは、地方の中小企業や、地方への参入を検討している中小企業のWEB集客・販促を行っています。詳しくはサービスページ【WEB集客・販促】をご覧ください。

■WEBコンサルタントのぶっちゃけシリーズ

第1回 WEBコンサルって何してくれるの? 
第2回 WEBコンサルにはどんなことをお願いできるの?
第3回 WEBコンサルにかかる費用は?

第5回 WEBコンサルの具体的な進め方は?
第6回 よいWEBコンサルの選び方とは?

 

コンサルタントへの依頼を検討されている方へ

当社はこれまで800プロジェクトを超える経営支援を通じ、中小企業ならではの課題を把握し、改善しています。中小企業独自の課題を把握した上で、経営者と同じ目線で議論ができるディスカッションパートナーであること、そして実際の課題解決のため、現場に即した実行力を持つ推進パートナーであることが、グローカルの強みです。

 

中小企業の経営課題解決に強みを持つ当社だからこそ、経営者に寄り添ったご提案と、完全カスタム型の質の高いコンサルティングサービスを、新卒社員の額面給与ほどの金額で提供しています。貴社に合ったサービスメニューや料金プランのご提案も可能です。もちろんご契約いただかなくても構いません。無料相談や3ヶ月のお試し契約プランもございます。まずはこちらからお問い合わせください。

 

Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g