財務会計戦略 中小企業のための
経営状況見える化支援コンサルティング

中小企業の経営者が、攻めの姿勢で事業を行う際には、タイムリーに自社の経営状況を把握する仕組みが構築できていることが非常に重要です。グローカルは、現状に満足することのない中小企業が、攻めの姿勢で事業を行うために必要な経営状況の見える化を支援します。

  • オンライン無料相談

    free consultationオンライン無料相談

  • 資料ダウンロード

    download資料ダウンロード

グローカルの特徴

このようなことはありませんか?

  • 経営状況を正確につかみ、攻めの姿勢の経営にシフトしたい
  • 週次・月次単位で経営の状況をタイムリーに把握したい
  • 経営状況を把握することで、事業のボトルネックをタイムリーに発見したい
  • 財務会計の最適化をしながら経営の意思決定をしたい

コンサルティングを通して実現できること

  1. 売上・利益に加え、販促費のタイムリーな捕捉体制

    売上・利益をさらに伸ばすために投資可能な資金をタイムリーに捕捉できるようになることで、攻めの経営を実現

  2. 経営幹部間で予実管理を徹底できる体制の構築

    事業毎の予実管理を徹底するための土台を構築し、事業責任者や担当者に極力負荷をかけず、予実管理ができる体制を構築

  3. 経営状況捕捉のための新たな仕組みを迅速に導入

    机上の空論で完璧を求めず、戦略60点主義で走らせてからブラッシュアップしていくというスタイルで、新たな仕組みの早期導入を実現

コンサルティングの3つの特徴

  1. 各部門の動きをタイムリーに管理会計の数値に反映する仕組みを構築

    攻めの経営を行う際に必要な、「計画通り受注ができているかどうか?」「マーケティング施策により想定通りリードを獲得できているか?」「採用計画通り人材を採用できているか?」「想定外の退職などが出る可能性はないか?」などの情報をタイムリーに把握する仕組みづくりを、現場の理解を得ながら円滑に進めます。

  2. 財務会計に関するタイムリーな数値把握を実現する業務フローを設計

    中小企業経営者にとって、自社の財務会計をタイムリーに把握することは、経営の舵取りを行う上で不可欠です。その状態を実現するため、経理スタッフの理解を得ながら財務会計業務における自社独自の特殊な処理を極力なくし、一定レベルのスキルを持つスタッフであれば誰でも対応できるよう業務フローの設計を行います。

  3. 週次・月次単位で経営の状況を把握できる会議体を設計し運営をサポート

    経営状況の見える化には、各部門責任者に対し、経営状況をタイムリーに集約する目的や手法の浸透を促すことも重要です。関係者が施策を実施する必然性を正しく理解し、行動して初めて改善に繋がります。グローカルは、戦略策定や施策の提案だけでなく、施策の浸透を促すまで一気通貫の支援を行っており、必要に応じて軌道修正や改善を行っていく実行フォローも可能です。

コンサルティングの流れ

管理会計・財務会計の両軸でタイムリーな状況把握体制の確立

攻めの姿勢で経営を行いたい経営者が思い描く事業構想・中長期計画を把握し、管理会計・財務会計の両軸で過不足のない「経営状況見える化」の体制を構築することで、経営判断がしやすい環境を確立します。

STEP 01 経営状況の見える化の目的の明確化

  • 経営状況の見える化の目的の確認のアウトプットイメージ

    経営状況の見える化の目的の確認

    経営者や事業責任者へのインタビューを通じて、現状、経営状況把握においてどのような不具合が起こっているかを確認し、目指すべき見える化のイメージを共有します。

  • 期限と目指すべきレベルのすり合わせのアウトプットイメージ

    期限と目指すべきレベルのすり合わせ

    中長期計画に基づいた事業伸長のスピード感に合わせ、「経営状況の見える化」を実現する期限と、目指すべきレベルについて把握します。

STEP 02 管理会計における現状分析と目指す状態の明確化

  • 現状の管理会計プロセスの把握と課題抽出のアウトプットイメージ

    現状の管理会計プロセスの把握と課題抽出

    管理会計プロセスをはじめ、進捗管理方法、社内会議用資料、情報共有ツール、会計ツールなど、あらゆる側面から管理会計に関する現状を把握し、課題を洗い出します。

  • 管理会計情報活用の詳細把握のアウトプットイメージ

    管理会計情報活用の詳細把握

    経営者や事業責任者へのインタビューを通じて、現状の管理会計情報の活用方法を把握し、経営の意思決定を促進する要素や活用方法をさらに付加できるか検証します。

  • 管理会計で目指す状態の明確化のアウトプットイメージ

    管理会計で目指す状態の明確化

    経営者や事業責任者が、意思決定のためにどのような数値を重視するかを定義し、事業判断に必要な数値を週次・月次で追える管理会計の体制を設計します。

  • 管理会計プロセスの再構築のアウトプットイメージ

    管理会計プロセスの再構築

    管理会計データの集約方法を標準化することで、一定レベルのスキルを持つスタッフであれば短時間で誰でも数値集約できるよう、管理会計のプロセスを再構築します。

STEP 03 財務会計における現状分析と目指す状態の明確化

  • 現状の財務会計プロセスの把握と課題抽出のアウトプットイメージ

    現状の財務会計プロセスの把握と課題抽出

    財務会計プロセスをはじめ、進捗管理方法、社内会議用資料、情報共有ツール、会計ツールなど、あらゆる側面から財務会計に関する現状を把握し、課題を洗い出します。

  • 財務会計情報活用の詳細把握のアウトプットイメージ

    財務会計情報活用の詳細把握

    経営者や事業責任者へのインタビューを通じて、現状の財務会計情報の活用方法を把握し、経営の意思決定を促進する要素や活用方法をさらに付加できるか検証します。

  • 財務会計で目指す状態の明確化のアウトプットイメージ

    財務会計で目指す状態の明確化

    経営者や事業責任者がどのような数値を重視するかを明確にし、財務会計の観点から事業に投資できる費用やコスト削減の必要性などを即時に判断できるよう情報を集約します。

  • 財務会計プロセスの再構築のアウトプットイメージ

    財務会計プロセスの再構築

    自社独自のプロセスを標準化することで、若い従業員であっても短時間で日々の数値を集約できる財務会計プロセスを再構築します。

STEP 04 アクションプラン検討・実施

  • アクションプランの作成のアウトプットイメージ

    アクションプランの作成

    新たな会計プロセスによる改善を推進するため、具体的なアクションレベルまで落とし込んだアクションプランを作成します。

  • アクションプランの推進体制構築のアウトプットイメージ

    アクションプランの推進体制構築

    各アクションの実行責任者や期限を決めるだけでなく、モニタリングの仕組みや推進体制の構築も併せて行うことで、新たな会計プロセスの実行性を高めます。

  • アクションプランの実行支援のアウトプットイメージ

    アクションプランの実行支援

    新たな会計プロセス設計後、アクションプランの実行状況をモニタリングし、必要に応じて改善をサポートします。

料金

ライトプラン
料金
総額180万円~
(月額30万円×6か月~)
定例会実施回数
隔週1
定例会参加者
経営者のみ
こんな経営者におすすめ
  • 自分の壁打ち相手が欲しい
  • 経営状況見える化を外注することで早期に結果を出したい
プレミアムプラン
料金
総額240万円~
(月額80万円×3か月~)
定例会実施回数
2
定例会参加者
経営者及び経営幹部
財務会計部門担当者
経営企画担当者
事業部企画担当者
※4~10名程度
こんな経営者におすすめ
  • 担当者クラスまで巻き込みたい
  • 社内会議に参加して欲しい

オプション

フォロープラン
月額10万円~

新たな会計プロセスにおける財務会計業務、および管理会計業務の実行支援、運用状況を踏まえた微調整を含む浸透のフォローを行います。

他社サービスとの違い

グローカル 大手コンサルティング会社 公認会計士・税理士 中小企業診断士 金融機関出身の副業者
事業状況を把握する管理会計
事業状況を把握する財務会計
実効性の高い施策の提案
施策の実施やPDCAの伴走
費用感 ×

その他の関連サービス

お問い合わせからの流れ

  1. お問い合わせ

    まずは、お問い合わせフォーム(リンク)よりご相談ください。ご相談内容を確認し、担当者より3営業日以内にご連絡いたします。

  2. ヒアリング・サービス紹介

    貴社の状況や課題感をヒアリングさせていただいた上で、当社のコンサルティング内容や他社事例をご説明いたします。

  3. ご提案

    貴社の現状、目指す状態、課題などの要件を整理した上で、貴社に合ったコンサルティングプランやお見積もりをご提案いたします。

  4. ご契約・コンサルティング開始

    ご提案内容にご納得いただけましたらご発注ください。ご契約後は、キックオフを実施し、コンサルティング開始となります。