事業戦略 中小企業のための
事業戦略策定コンサルティング

事業戦略見直しニーズは潜在化している場合が多く、営業戦略やマーケティング戦略などの策定・実行支援を進めていく中で事業方針の見直しの必要性にたどり着き、着手するケースがほとんどです。グローカルは、中小企業の抜本的な改革のために、事業戦略策定を支援します。

  • オンライン無料相談

    free consultationオンライン無料相談

  • 資料ダウンロード

    download資料ダウンロード

グローカルの特徴

このようなことはありませんか?

  • マーケティング戦略策定の中で必要性を感じ、事業戦略から見直しを図りたい
  • 事業の成長が鈍化しているので、抜本的な見直しを図りたい
  • 競合他社と差別化を図り、市場において安定的なシェアを獲得したい
  • 体制変更などに合わせて、改めて事業の明確な方針を打ち出したい

事業戦略コンサルティングを通して実現できること

  1. ボトルネックの明確化により、従来の事業推進の妥当性を評価

    事業の現状把握・課題の洗い出しによりボトルネックを明確化し、現状の事業推進の在り方の妥当性を評価

  2. コンセプトの明確化とそれを反映した事業方針の再構築

    事業のコンセプトを改めて明確化し、事業方針を新たに設計。必要に応じてビジネスモデルの再構築を実施

  3. 営業戦略やマーケティング戦略、事業体制の最適化

    新たな事業戦略に基づき、それを実現する営業戦略やマーケティング戦略、事業体制などの最適化を実施

事業戦略コンサルティングの3つの特徴

  1. 限られた経営資源を踏まえ、実行可能性の高い事業戦略を策定

    中小企業の事業戦略では、経営資源が限られるため、市場における競争優位性や競争に打ち勝つための経営資源の活用方針を明確にし、目指すべき理想と実行可能性のバランスを考えることが重要です。また、必ずしも優秀な人材が十分そろっているとは言い難い場合であっても、戦略が実際に機能することが何よりも重要視されるため、実行可能性の高さも求められます。

  2. 過不足なく行う分析や調査、精度の高い仮説によりコストダウンを実現

    事業戦略の策定を大手コンサル会社に依頼すると数百万~数千万円程度かかると言われています。中小企業の経営戦略に求められるものは、最低限の分析から導き出された精度の高い仮説と、実行可能性を考慮した具体的かつシンプルな方針であると考えます。過剰と思われる業務を簡略化することで中小企業にもやさしい金額での支援を実現しています。

  3. 事業戦略の組織への落とし込み、社員への浸透までサポート

    中小企業の事業戦略は、机上の空論で完璧を求めるよりも、戦略60点主義でまず走らせてからブラッシュアップしていくことが重要です。また、社員への浸透と戦術への落とし込みを考えると、可能な限りシンプルかつ具体的な指標やメッセージで示すことも求められます。現場の社員一人一人に経営戦略の目的や意図の浸透を促すことにも注力します。

事業戦略コンサルティングの流れ

営業戦略・マーケティング戦略を加味し、一気通貫で構築する事業戦略策定

営業戦略やマーケティング戦略、加えて組織戦略が一体となり嚙み合って初めて事業伸長は加速します。事業を伸長させるため、既存事業におけるボトルネックを明確にし、実行性の高さを考慮した事業戦略を構築します。

STEP 01 現状分析と目指す状態の明確化

  • 事業の現状把握と課題抽出のアウトプットイメージ

    事業の現状把握と課題抽出

    売上・サービスラインナップ・ターゲット顧客・価格・販売チャネル・プロモーションなど、あらゆる側面から事業の現状を把握し、課題を洗い出します。

  • 事業が目指す理想像の把握と明確化のアウトプットイメージ

    事業が目指す理想像の把握と明確化

    経営者や事業責任者へのインタビューを通じて、今後、事業として目指す理想の状態を把握し、理想像を明確化します。

  • 環境分析による競争優位性の発見のアウトプットイメージ

    環境分析による競争優位性の発見

    競合との差別化要素を明確化する戦略キャンバスや、業界構造を理解するファイブフォース分析など、最適なフレームワークを活用し環境分析を行います。

STEP 02 事業戦略策定

  • ターゲットとなる人物像の明確化

    事業として戦略的に狙うターゲット顧客像を設定し、そのターゲットのニーズの明確化や訴求ポイントの精査を行います。

  • 競合・顧客ニーズを踏まえた事業の見直し

    環境分析により導き出された競争優位性やターゲット顧客のニーズを踏まえ、その事業を市場レベル・製品レベル・マクロ環境レベルで見直します。

  • 新たな事業コンセプトの決定

    競合・顧客ニーズを踏まえ事業を見直した結果を、「誰に何をどのように提供するのか」という事業コンセプトとして端的な言葉で明文化します。

  • ビジネスプロセス毎の売上促進要素検証

    ターゲット顧客の行動を細分化し、各プロセスにおいて売上を促進する要素を付加できるか検証します。

  • ビジネスモデルの再構築

    ビジネスプロセスのどこに障害があり、購入にいたらないかを確認し、いかに障害を解消するかという観点でビジネスモデルを再構築します。

  • 適正販売価格の設定

    極端回避の法則などを活用し、事業コンセプトやビジネスモデルに見合った、“売りたい価格”で商品・サービスを売ることができる状態を目指します。

  • 事業戦略遂行状況をモニタリングするKPI設定

    事業戦略の遂行管理のための指標としてKPIを設定し、目標達成に向け事業が順調に進んでいるかどうかを判断する体制を構築します。

STEP 03 アクションプラン検討・実施

  • アクションプランの作成

    事業戦略を実現するため、具体的なアクションレベルまで落とし込んだアクションプランを作成します。

  • アクションプランの推進体制構築

    各アクションの実行責任者や期限を決めるだけでなく、モニタリングの仕組みや推進体制の構築も併せて行うことで、戦略の実行性を高めます。

  • アクションプランの実行支援

    事業戦略策定後、アクションプランの実行状況をモニタリングし、必要に応じて改善をサポートします。


  • オンライン無料相談 free consultationオンライン無料相談
  • 資料ダウンロード download資料ダウンロード

事業戦略コンサルティングとは

事業戦略コンサルティングは、企業が直面する市場環境や競争状況に対応し、長期的な事業成長と競争優位を確保するための戦略を策定・実行する支援を行うサービスです。このコンサルティングでは、市場分析、競合分析、内部資源の評価などを通じて、企業が取るべき戦略的方向性を明確にします。

事業戦略の策定には、新市場への進出、新製品やサービスの開発、M&Aによる事業拡大、コスト削減、組織再編などが含まれる場合があります。これらの戦略は、企業の現状と将来の目標に基づいてカスタマイズされ、実行可能なアクションプランに落とし込まれます。

また、デジタルトランスフォーメーションの推進も重要なテーマです。デジタル技術を活用し、事業プロセスの効率化や新しいビジネスモデルの構築を行うことで、企業は変化する市場環境に迅速に適応できるようになります。

さらに、持続可能性と社会的責任を組み込んだ事業戦略の構築も注目されています。企業活動が環境や社会に与える影響を考慮し、長期的な競争力を保持するための戦略を策定します。

事業戦略コンサルティングは、これらのアプローチにより、企業が市場での成功を実現し、持続可能な成長を達成するための重要な支援を提供します。

事業戦略コンサルティングの役割

  • 1、市場分析と戦略策定

    事業戦略コンサルティングの核心的な役割は、市場環境と競争状況を徹底的に分析し、企業の目標達成に向けた戦略を策定することです。これには、ターゲット市場の特定、新しいビジネスチャンスの発見、競合他社との差別化戦略などが含まれます。

  • 2、事業成長とイノベーションの推進

    事業の成長とイノベーションを促進するための戦略の立案も重要です。新製品開発、新規事業領域への進出、テクノロジーの活用によるビジネスモデルの革新などを通じて、企業の持続的な成長を支援します。

  • 3、デジタルトランスフォーメーション

    デジタル化は現代のビジネス戦略において不可欠です。デジタル技術の導入による業務プロセスの効率化、顧客データの分析を基にしたマーケティング戦略の強化などをサポートします。

  • 4、持続可能性と社会的責任

    事業戦略においては、サステナビリティと社会的責任の統合も重要です。環境や社会への影響を考慮した戦略の策定により、企業の長期的な競争力を強化し、社会的な信頼を確立します。

事業戦略コンサルティングのトレンド

最近の事業戦略コンサルティングのトレンドは、デジタル化と持続可能性への重点にあります。デジタルトランスフォーメーションは、企業が新しい市場機会を捉え、効率的なビジネスモデルを構築するための鍵となっています。AI、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティングなどの技術を活用し、データ駆動型の意思決定をサポートし、顧客体験を向上させる戦略が強化されています。

また、サステナビリティと環境への配慮も重要なトレンドです。環境保護、社会的責任、ガバナンス(ESG)への取り組みを経営戦略に組み込むことで、企業は長期的な競争力とブランド価値を高めています。これにより、投資家や顧客からの信頼を得ることが可能になります。

グローバル化の進展に伴い、国際市場での機会を捉える戦略も重視されています。異文化理解や地域特有の市場ニーズの分析を通じて、グローバルな視点での事業展開が進んでいます。

さらに、パンデミックの影響によるリモートワークやフレキシブルな働き方の普及が、新しいビジネスモデルの開発や組織運営のあり方を再考させています。これらの変化を踏まえた事業戦略の再構築が求められています。

これらのトレンドは、事業戦略コンサルティングが企業の現在及び将来のビジネス環境に適応し、成功を実現するためにどのように進化しているかを示しています。

  • オンライン無料相談 free consultationオンライン無料相談
  • 資料ダウンロード download資料ダウンロード

事業戦略コンサルティング料金

ライトプラン
料金
総額220万円~
(6ヶ月〜)
■ 戦略策定フェーズ
月額50万円~
■ 施策実行フェーズ
月額30万円~
※戦略フェーズは2ヶ月程度
定例会実施回数
隔週1
定例会参加者
経営者のみ
こんな経営者におすすめ
  • 自分の壁打ち相手が欲しい
  • 事業戦略業務を外注することで早期に結果を出したい
プレミアムプラン
料金
総額240万円~
(3ヶ月〜)
■ 戦略策定フェーズ
月額80万円~
■ 施策実行フェーズ
月額80万円~
※戦略フェーズは0.5ヶ月程度
定例会実施回数
2
定例会参加者
経営者及び事業責任者
事業企画担当者
※4~10名程度
こんな経営者におすすめ
  • 担当者クラスまで巻き込みたい
  • 社内会議に参加して欲しい

オプション

運用フォロープラン
月額30万円~

売上や利益、顧客獲得の状況、組織の状況から戦略が十分機能しているかを確認し、状況により事業戦略の見直しを行うなど、実施フォローを行います。

他社サービスとの違い

グローカル 大手コンサルティング会社 成功事例セミナー会社 中小企業診断士 大手企業出身の副業者
事業戦略の策定
実効性の高い施策の提案
施策の実施やPDCAへの伴走 -
内製化のための体制づくり -
費用感 ×

その他の関連サービス

お問い合わせからの流れ

  1. お問い合わせ

    まずは、お問い合わせフォーム(リンク)よりご相談ください。ご相談内容を確認し、担当者より3営業日以内にご連絡いたします。

  2. ヒアリング・サービス紹介

    貴社の状況や課題感をヒアリングさせていただいた上で、当社のコンサルティング内容や他社事例をご説明いたします。

  3. ご提案

    貴社の現状、目指す状態、課題などの要件を整理した上で、貴社に合ったコンサルティングプランやお見積もりをご提案いたします。

  4. ご契約・コンサルティング開始

    ご提案内容にご納得いただけましたらご発注ください。ご契約後は、キックオフを実施し、コンサルティング開始となります。