経営戦略 中小企業のための
業務改善支援コンサルティング

大手シンクタンクの試算では、2030年には644万人分の人手不足が予測されています。これは、企業の大小関わらず事業運営における大きなリスクです。グローカルは、この事業リスクを回避するため、抜本的な業務プロセスの見直しや進捗管理の仕組みの改善、過不足のないIT導入を支援します。

  • オンライン無料相談

    free consultationオンライン無料相談

  • 資料ダウンロード

    download資料ダウンロード

グローカルの特徴

このようなことはありませんか?

  • よい人材の採用がなかなかできないので、生産性を上げたい
  • 社員の高齢化が進んでいるが、新しい仕組みを入れ効率化を図りたい
  • 人材不足の解消や業務の効率化のために積極的にITを導入したい
  • 人件費削減やコストカット以外で利益率を上げる施策を検討したい

業務改善コンサルティングを通して実現できること

  1. 聖域なき改革を前提とした業務改善で抜本的な見直しを実現

    フラットな視点で現行の業務プロセスを把握し、ボトルネックを明確化することで、最大効果を発揮する業務改善を実現

  2. 即効性と将来利益の両軸から改善施策を策定しリアルな生産性向上を実現

    効果が早期に期待できる実効性の高い施策を優先しつつも、将来的な利益創出を見据えた改善施策により生産性向上を実現

  3. 生産性を向上させる費用対効果の高いシステム導入によるDXを実現

    中長期視点を踏まえた、費用対効果の高いシステムの導入も積極的に検討し、継続した収益確保ができる体制を実現

業務改善コンサルティングの3つの特徴

  1. 業務プロセスの聖域なき改善を実施し、生産性向上を実現

    業務改善においては、「理想的な生産性の算出」「ボトルネックの抽出」「プロセス毎の生産性の見直し」「IT導入による生産性向上」など、業務プロセス全体の最適化を図ることが不可欠です。また、業務改善の目的やメリットを可能な限りシンプルなメッセージで示すことで、取り組みに対する社員の理解を得ることを目指します。

  2. 「現場の改善できない理由」の確認と「改善しない場合のリスク」の可視化

    業務改善において最も重要なのは「やらないこと」の決定です。「今後やらないこと」は、売上・利益への影響が少ないサービス・商品などが該当、「従来と同じやり方ではやらないこと」は、業務フローを変えるか、もしくはITの導入などによって生産性を上げる必要があるものが該当します。「改善しない場合のリスク」を可視化しながら業務改善を推進します。

  3. 業務プロセス改善後、生産性向上に向けて実行支援までサポート

    中小企業の業務改善は、机上の空論で完璧を求めるよりも、戦略60点主義でまず走らせてからブラッシュアップしていくことが重要です。現場の社員一人一人に業務プロセスを改善する目的や手法の浸透を促すことにも注力します。支援後に施策が機能しているかを確認し、必要に応じて軌道修正や改善を行っていく実行フォローも可能です。

業務改善コンサルティングの流れ

人口減少による避けられない生産性向上を業務プロセスの改善により実現

対象となる業務プロセスのボトルネックをフラットな視点で分析し、真の課題を抽出・明確化します。「聖域なき改革」を前提とした解決施策を検討・実施することで、生産性の向上ための抜本的な業務改善を支援します。

STEP 01 現状分析と目指す状態の明確化

  • 既存事業の現状把握と課題抽出のアウトプットイメージ

    既存事業の現状把握と課題抽出

    業務プロセス・業務内容、進捗管理手法・情報共有ツールなど、あらゆる側面から業務に関する現状を把握し、課題を洗い出します。

  • 業務改善で事業が目指す理想像の把握と明確化のアウトプットイメージ

    業務改善で事業が目指す理想像の把握と明確化

    経営者や事業責任者へのインタビューを通じて、業務改善により事業が目指す理想の状態を把握し、理想像を明確化します。

  • 現状把握ヒアリングにおける現場社員への配慮のアウトプットイメージ

    現状把握ヒアリングにおける現場社員への配慮

    現場社員が「今がベストで改善の余地はない」と考えている可能性を考慮し、前向きに業務改善に取り組んでもらえるように最大限配慮します。

STEP 02 業務改善の方針策定

  • 改善対象の業務プロセスの詳細把握のアウトプットイメージ

    改善対象の業務プロセスの詳細把握

    フラットな視点で、現状どのような目的で各業務プロセスがなされているかをヒアリングし、現状の業務プロセスと業務内容を可視化します。

  • 業務プロセスのボトルネックの明確化のアウトプットイメージ

    業務プロセスのボトルネックの明確化

    可視化された業務プロセスの詳細を客観的に分析し、生産性を下げるボトルネックとその要因を明確化します。

  • 業務プロセスの再構築のアウトプットイメージ

    業務プロセスの再構築

    生産性向上を図るため、ボトルネックを解消するために必要な「業務プロセスの変更」や「業務内容の変更」を明確化します。

  • 生産性向上の具体的施策検討のアウトプットイメージ

    生産性向上の具体的施策検討

    生産性を向上させるために必要となる「従業員の教育」、「IT・ツールの導入」などに関して明確化し、具体的な課題解決施策を検討します。

  • 業務改善遂行状況をモニタリングするKPI設定のアウトプットイメージ

    業務改善遂行状況をモニタリングするKPI設定

    業務改善の遂行管理のための指標としてKPIを設定し、目標達成に向け事業が順調に進んでいるかどうかを判断する体制を構築します。

STEP 03 アクションプラン検討・実施

  • アクションプランの作成のアウトプットイメージ

    アクションプランの作成

    業務改善による生産性向上を実現するため、具体的なアクションレベルまで落とし込んだアクションプランを作成します。

  • アクションプランの推進体制構築のアウトプットイメージ

    アクションプランの推進体制構築

    各アクションの実行責任者や期限を決めるだけでなく、モニタリングの仕組みや推進体制の構築も併せて行うことで、戦略の実行性を高めます。

  • アクションプランの実行支援のアウトプットイメージ

    アクションプランの実行支援

    業務改善施策着手後、アクションプランの実行状況をモニタリングし、必要に応じて改善をサポートします。


  • オンライン無料相談 free consultationオンライン無料相談
  • 資料ダウンロード download資料ダウンロード

業務改善コンサルティングとは

業務改善コンサルティングは、企業の業務プロセスを効率化し、生産性を向上させるための専門的支援を提供するサービスです。

このコンサルティングの目的は、業務の遅延や非効率を特定し、改善策を導入することで、企業の運営を最適化することにあります。このサービスでは、まず現行の業務プロセスを詳細に分析し、無駄やボトルネックが生じている箇所を特定します。その上で、プロセスの再設計や自動化、デジタルツールの導入などを提案し、作業効率の向上を図ります。

また、従業員のスキルアップや能力開発にも焦点を当て、業務遂行能力の向上を支援します。さらに、業務改善コンサルティングでは、データ分析の活用も重要です。データ駆動型の意思決定を促進し、業務プロセスの改善に必要な客観的な情報を提供します。これにより、より効果的かつ効率的な業務改善が可能となります。

また、組織のコミュニケーションやチームワークの改善も、業務効率化には欠かせない要素です。チーム内の透明性を高め、協力的な作業環境を構築することで、業務のスムーズな進行を促します。業務改善コンサルティングは、これらのアプローチにより、企業のパフォーマンスを全面的に高め、競争優位を確立するための重要な役割を担っています。

業務改善コンサルティングの役割

  • 1、業務プロセスの効率化

    業務改善コンサルティングの基本的な役割は、企業の業務プロセスを詳細に分析し、無駄やボトルネックを特定して効率化することです。これには、作業の自動化、プロセスの簡素化、または再設計が含まれます。効率化された業務プロセスは、生産性の向上とコスト削減に直結します。

  • 2、データ分析と意思決定の最適化

    データ駆動型のアプローチを取り入れることで、業務改善コンサルティングは、客観的なデータに基づく意思決定を促進します。ビッグデータの分析を活用し、業務改善に必要な洞察を得ることができます。これにより、より効果的かつ効率的な業務改善の方針を立てることが可能になります。

  • 3、従業員のスキルアップと能力開発

    効率的な業務遂行には、従業員のスキルと能力が不可欠です。業務改善コンサルティングでは、従業員の研修や能力開発プログラムを提案し、業務における能力と生産性の向上を図ります。また、従業員のモチベーション向上も重要な要素です。

  • 4、持続可能な業務改善と組織文化の構築

    継続的な業務改善として、組織文化の変革も重要です。業務プロセスの改善だけでなく、組織内のコミュニケーションや協働の向上、チームワークの促進を図ることで、長期的な業務改善を実現します。

業務改善コンサルティングのトレンド

ここ最近の業務改善コンサルティングにおける主要なトレンドは、デジタル技術の進化とそれに伴う業務プロセスの変革です。AI(人工知能)、機械学習、ビッグデータ分析の導入により、データ駆動型の意思決定が可能となり、業務の自動化と効率化が進んでいます。これにより、従来の手作業に頼っていた業務を高速かつ正確に処理することが可能になります。

また、リモートワークやフレキシブルな働き方が普及する中、クラウドサービスやコラボレーションツールの活用が増加しています。これらのツールを用いることで、場所を問わずに効率的なチームワークが実現され、業務の柔軟性が高まっています。

さらに、プロセスの透明化とドキュメンテーションの重要性が高まっています。業務プロセスを明確に記録し、共有することで、業務の標準化と品質向上を図るとともに、新しいスタッフの教育期間の短縮やエラーの減少に繋がります。

加えて、サステナビリティと環境への配慮も重視されています。企業活動が環境に与える影響を最小限に抑える方法の導入や、社会的責任を果たすための業務プロセスの見直しが行われています。

これらのトレンドを踏まえた業務改善コンサルティングは、企業が効率的かつ持続可能な方法で業務を遂行するための支援を行い、組織全体のパフォーマンス向上に貢献しています。

弊社ではこれらのトレンドを取り入れつつ、企業ごとに最適化された業務改善コンサルティングを実行しています。

  • オンライン無料相談 free consultationオンライン無料相談
  • 資料ダウンロード download資料ダウンロード

業務改善コンサルティングの料金

ライトプラン
料金
総額180万円~
(月額30万円×6か月~)
定例会実施回数
隔週1
定例会参加者
経営者のみ
こんな経営者におすすめ
  • 自分の壁打ち相手が欲しい
  • 務改善業務を外注することで早期に結果を出したい
プレミアムプラン
料金
総額240万円~
(月額80万円×3か月~)
定例会実施回数
2
定例会参加者
経営者及び事業責任者
事業企画担当者
営業企画担当者
マーケティング担当者
生産管理担当者
※4~10名程度
こんな経営者におすすめ
  • 担当者クラスまで巻き込みたい
  • 社内会議に参加して欲しい

オプション

運用フォロープラン
月額30万円~

業務改善の進捗状況から施策が十分機能しているかを確認し、状況により追加でプロセスの見直しを行うなど、定着支援を行います。

他社サービスとの違い

グローカル 大手コンサルティング会社 成功事例セミナー会社 中小企業診断士 大手企業出身の副業者
業務改善方針の策定
実効性の高い施策の提案
施策の実施やPDCAへの伴走 -
内製化のための体制づくり -
費用感 ×

その他の関連サービス

お問い合わせからの流れ

  1. お問い合わせ

    まずは、お問い合わせフォーム(リンク)よりご相談ください。ご相談内容を確認し、担当者より3営業日以内にご連絡いたします。

  2. ヒアリング・サービス紹介

    貴社の状況や課題感をヒアリングさせていただいた上で、当社のコンサルティング内容や他社事例をご説明いたします。

  3. ご提案

    貴社の現状、目指す状態、課題などの要件を整理した上で、貴社に合ったコンサルティングプランやお見積もりをご提案いたします。

  4. ご契約・コンサルティング開始

    ご提案内容にご納得いただけましたらご発注ください。ご契約後は、キックオフを実施し、コンサルティング開始となります。