営業戦略 中小企業のための
営業担当者受注率向上支援コンサルティング

中小企業が業績を伸ばす上で、営業担当者のプレゼンテーション力やクロージング力の向上は不可欠ですが、営業担当者が「正しい営業プロセスに従って日々営業活動を行う」ことこそが最も重要です。グローカルは、日々の営業活動における営業担当者の意識や考え方、行動についての変革を支援します。

  • オンライン無料相談

    free consultationオンライン無料相談

  • 資料ダウンロード

    download資料ダウンロード

グローカルの特徴

このようなことはありませんか?

  • 営業担当者の受注率を高めて、効率的に売上向上を図りたい
  • 営業担当者の提案実施から受注までの歩留まりを向上させたい
  • 新卒・中途問わず、新人営業担当者を早期戦力化したい
  • 新規事業において営業担当者に早期に成果を出させたい

コンサルティングを通して実現できること

  1. 効果的なプレゼンテーションを実現する土台構築

    顧客向けに説明するサービス・商品情報の精査など、営業担当者の受注率を向上させるための土台の構築

  2. 営業活動のボトルネックの自己理解を促進

    営業担当者が自身の営業活動のボトルネックを理解し、速やかに改善活動に取り組める気づきの場を設計

  3. 顧客の真の課題を見極める力の醸成

    顧客に刺さる的確な提案を行う上で不可欠な、顧客の真の課題を見極めるスキルの習得

コンサルティングの3つの特徴

  1. 商品・サービスの特性やラインナップを精査し、訴求ポイントを明確化

    営業では「自社の商品・サービスの特性を深く理解し、顧客のどんな課題に対して有効なのかを訴求する」ことに加え、「価格や機能面だけの差別化ではなく、営業担当者である自身も含め、自社と取引することのメリットを端的に伝わるように伝える」ことが重要です。営業担当者が営業活動において顧客に伝えるべき情報を精査し、受注率向上を実現します。

  2. ヒアリングや提案など営業活動におけるボトルネックの明確化と改善を促進

    営業活動のボトルネックは、「顧客のターゲティング」や「セオリーと思われた提案内容」にあるケースも多く、営業担当者が自分自身で発見しにくい傾向があります。解決するには、営業担当者自身が「営業活動の真の課題」に気づき、「自己理解」することが不可欠なため、可能な限り具体的な改善点の指摘やシンプルな行動指標により、営業担当者の理解を促します。

  3. 顧客の意思決定ロジックの理解による提案内容に不可欠な要素の精査

    顧客の真の課題は「顧客自身が主張している課題ではない」場合が多分にあります。顧客が求めている理想の状態を汲み取り、現状との差分である「顧客の真の課題」を明確化して提案を行うことが不可欠です。世の「トップ営業」と呼ばれる営業担当者に共通するこのプロセスの習得を促し、営業担当者の提案内容の質を向上させ、受注率を向上させることが可能です。

コンサルティングの流れ

営業担当者の営業活動のボトルネックの明確化と改善促進

営業担当者の受注率向上を目的に、営業プロセスの見直し、サービス・商品の特徴精査、顧客折衝の方法まで包括的に見直しを図ることで、売上の最大化や営業の効率化を実現します。

STEP 01 商品・サービスの特徴精査とボトルネックの特定

  • 商品・サービスの特性や差別化ポイントを明確化のアウトプットイメージ

    商品・サービスの特性や差別化ポイントを明確化

    客観的な立場で商品・サービスを分析し、どのような特性や差別化ポイントを持っているのかを明らかにします。

  • 提案時における顧客への訴求ポイントを精査のアウトプットイメージ

    提案時における顧客への訴求ポイントを精査

    自社の商品・サービスが、顧客の持つ課題に対していかに有効であるかを精査し、提案時に顧客に伝えるべき内容・訴求ポイントを明確化します。

  • 営業活動におけるボトルネックの特定のアウトプットイメージ

    営業活動におけるボトルネックの特定

    「脱・思い込み」を念頭に置き、営業担当者が自身の営業活動のプロセスを見直すことで、ボトルネックの特定を促します。

STEP 02 ボトルネック改善施策設計

  • 営業担当者による継続的な改善活動の促進のアウトプットイメージ

    営業担当者による継続的な改善活動の促進

    営業担当者による、自身に必要な改善活動へのコミットメントを引き出し、継続的なPDCAを促すことで、効率のよい営業活動を実現します。

  • 顧客の真の課題を引き出すためのヒアリング手法の習得のアウトプットイメージ

    顧客の真の課題を引き出すためのヒアリング手法の習得

    「顧客の真の課題」の見極めは顧客の意向をヒアリングするだけでは不十分なため、実際のワークを通して、どのような手法で導き出すことができるのかを伝えます。

  • 顧客の意思決定ロジックと提案時のポイントの理解のアウトプットイメージ

    顧客の意思決定ロジックと提案時のポイントの理解

    「顧客が取引をするかしないかを意思決定するロジック」に基づいて営業活動を進めることの重要性について、営業担当者の理解を促します。

STEP 03 アクションプラン検討・実施

  • アクションプランの作成のアウトプットイメージ

    アクションプランの作成

    営業担当者による自発的な営業活動の改善を推進するため、具体的なアクションレベルまで落とし込んだアクションプランを作成します。

  • アクションプランの推進体制構築のアウトプットイメージ

    アクションプランの推進体制構築

    各アクションの実行責任者や期限を決めるだけでなく、モニタリングの仕組みや確認体制の構築も併せて行うことで、施策の実行性を高めます。

  • アクションプランの実行支援のアウトプットイメージ

    アクションプランの実行支援

    営業活動のボトルネック改善施策設計後、アクションプランの実行状況をモニタリングし、必要に応じて改善をサポートします。


  • オンライン無料相談 free consultationオンライン無料相談
  • 資料ダウンロード download資料ダウンロード

料金

ライトプラン
料金
総額90万円~
(月額30万円×3か月~)
定例会実施回数
隔週1
定例会参加者
経営者のみ
こんな経営者におすすめ
  • 自分の壁打ち相手が欲しい
  • 営業担当者受注率向上業務を外注することで早期に結果を出したい
プレミアムプラン
料金
総額120万円~
(月額80万円×1.5か月~)
定例会実施回数
2
定例会参加者
経営者及び経営幹部
営業部長
営業企画担当者
教育研修担当者など
※4~10名程度
こんな経営者におすすめ
  • 担当者クラスまで巻き込みたい
  • 社内会議に参加して欲しい

オプション

営業研修実施

対応業務:営業担当者4~10名を対象に、営業活動における受注率向上のための研修を実施します。

料金
総額30万円/回

他社サービスとの違い

グローカル 研修会社(集合研修型) 研修会社(企業研修型) 営業コンサルティング会社 元トップ営業マンの個人事業主
サービス・商材情報の分析
営業活動分析
営業研修カスタマイズ設計
施策の実施やPDCAの伴走
費用感

その他の関連サービス

お問い合わせからの流れ

  1. お問い合わせ

    まずは、お問い合わせフォーム(リンク)よりご相談ください。ご相談内容を確認し、担当者より3営業日以内にご連絡いたします。

  2. ヒアリング・サービス紹介

    貴社の状況や課題感をヒアリングさせていただいた上で、当社のコンサルティング内容や他社事例をご説明いたします。

  3. ご提案

    貴社の現状、目指す状態、課題などの要件を整理した上で、貴社に合ったコンサルティングプランやお見積もりをご提案いたします。

  4. ご契約・コンサルティング開始

    ご提案内容にご納得いただけましたらご発注ください。ご契約後は、キックオフを実施し、コンサルティング開始となります。