コラムを読む

WEBコンサルにはどんなことをお願いできるの?【ぶっちゃけシリーズ②】

WEBコンサルに興味はあるものの、「結局何をしてくれるかわからない」「コンサル費用が高そう」「ぶっちゃけうさんくさい」というような理由で二の足を踏んでいる中小企業経営者を対象に、WEBコンサルの業務内容やかかる費用、依頼する際のチェックポイントなどをご紹介する本シリーズ。WEBコンサルの定義についてお伝えした第1回に続き、第2回の今回は、WEBコンサルにお願いできることについてお伝えします。

WEBコンサルは何を実現してくれる存在なのか

WEBコンサルにお願いできることは非常にシンプルで、
①WEBを活用して売上・集客を上げることを目的に、
②数あるWEBマーケティング施策の中から最適な施策を選択・実行し、
③PDCAを回しながら効果の最大化を図っていく
ことです。

これらの業務を部分的ではなく包括的に依頼できるのがWEBコンサルです。ではこれらの業務の内容をもう少し詳しくご説明します。

WEBマーケティングを行う上で、最も重要となるのが「マーケティング戦略」です。技術の進歩で日々新たな施策が生まれ、SNSなど手軽に始められるものも多いWEBマーケティングにおいては、「流行っているからInstagramを始めてみよう」「集客するために割引キャンペーンを実施しよう」というように、打ち手先行型で施策を進めてしまうことも多く、結果的に思うような成果が得られなかったというのもよくある話です。

「マーケティング戦略」はこのような事態を避けるために必要です。「掲げた売上・集客目標を達成するためには、どのようなターゲットに、どのような施策でアプローチし、どのくらい成約をしてもらう必要があるのか」ということを定性・定量で明文化したものが戦略であり、その戦略に基づいて計画を立て、施策を実行し、PDCAを回していくことが、無駄のないWEBマーケティングを行う上で求められます。

また、「マーケティング戦略」を立てる際には、その戦略が、企業や事業のありたい姿と結びついているかどうかという観点が重要です。「売れれば何でもいい」「集客できれば何でもいい」という発想は、安易な値引きや過剰な特典施策に繋がります。そうならないためには、「企業や事業のありたい姿の実現のため、マーケティング領域には何が求められているのか」という観点で戦略を立て、施策に落とし込んでいく必要があります。それには、経営者の想いやスタンスを理解し、同じ視座で戦略を描く力が求められます。

さらに、WEBマーケティングにおいて重要なのが、施策実施後のPDCAです。WEBマーケティング施策は、成果やプロセスが数値化され、分析しやすいというメリットがあります。しかしながら、当たり前の話ですが、成果の数値を「上がった」「下がった」と分析するだけでは意味がありません。分析を行う上で重要なのは、「施策実施前に行う精緻な仮説(シミュレーション)の設計」「シミュレーションと実際の結果を照らし合わせた差分の洗い出し」「その差分を踏まえた改善策や次の打ち手の検討・実施」の3点です。

このように、WEBマーケティングを行い、効果を最大化するためには、「経営者と同じ視座で戦略を考える戦略策定力」「戦略を計画や具体施策に落とし込む仮説力や企画力」「結果を踏まえ次なる施策に繋げる分析力」など幅広い能力が求められます。これらの業務の内製化が難しい場合は、WEBコンサルに依頼するのがおすすめです。

まとめ

WEBコンサルの導入を検討されている中小企業の経営者向けに、業務内容や費用など、気になることをお伝えしていく本シリーズ。第2回の今回は、WEBコンサルにお願いできることをお伝えしました。次回は、気になるWEBコンサルの費用についてご紹介します。

株式会社グローカルでは、地方の中小企業や、地方への参入を検討している中小企業のWEB集客・販促を行っています。詳しくはサービスページ【WEB集客・販促支援】をご覧ください。

■WEBコンサルタントのぶっちゃけシリーズ
第1回 WEBコンサルって何してくれるの?
第3回 WEBコンサルにかかる費用は?
第4回 WEBコンサルに依頼して効果は出るの?
第5回 WEBコンサルの具体的な進め方は?
第6回 よいWEBコンサルの選び方とは?

Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g