コラムを読む

これだけは知っておきたい!分析に使えるGoogleアナリティクスの設定10選<2>


Conference scene, bird's-eye view shooting

皆様こんにちは!

グローカル歴1年10ヶ月、地域集客コンサルタントのカトエリです。

 

WEB集客を考える上で欠かせない、

アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。

「すごく便利なツールというのは理解しているけれど、

時間がなくて十分使いこなせていない!」という方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のために、私が日々お客様のWEB集客をお手伝いする上で、

「簡単にできて、なおかつこれだけは押さえておきたい」

と考える設定方法や分析方法を10回に分けてお伝えいたします。

前回のお話はこちらをご確認ください。

https://www.glcl.co.jp/analysis/post/793

 

今回は『コンバージョン設定』のお話です。

予約完了ページや商品購入完了ページなどへの到達を

自社サイトのコンバージョンとして設定している方は多いかと思います。

(もししていなければ、至急設定してください!)

 

では、設定したコンバージョンをどのように活用しているでしょうか?

「この期間のコンバージョン数は○○だった」

「先月に比べて、今月のコンバージョン率は△%あがった」

など、コンバージョンを“結果”として捉えている方も多く見受けられます。

 

しかし、「自社サイトの集客UPのためのアクセス分析」を前提とした場合、

コンバージョンは、その過程のKPI指標を設定しなければ、

あまり意味をなさないと言えるかと思います。

 

例えば「自社サイトのコンバージョン率を1%改善する」

という目標を立てたときに、具体的な打ち手はすぐに思いつくでしょうか?

 

もちろん、思いつかないことはないですが、

考えられる膨大な打ち手を目の前に、

どの打ち手を優先すべきかを見極めるのに

非常に苦労すると思います。

 

一方、同じ「自社サイトのコンバージョン率を1%改善する」

という目標を掲げた場合、事前に、

・ページ滞在時間が5分以上のユーザーのうち10%がコンバージョンしている

・1か月の訪問回数が3回以上のユーザーのうち8%がコンバージョンしている

・○○ページから△△ページに遷移したユーザーのうち5%がコンバージョンしている

ということがわかっていれば、

打ち手の優先順位は自ずと見えてくるものです。

 

コンバージョンを設定したら、

まずは最初にコンバージョンと非コンバージョンのセッションを

比較し、「コンバージョンするためのKPI指標」、

つまり「コンバージョンするためにクリアすべき過程の指標」を

事前に洗い出しておくことが重要となります。

 

当社では、自社サイトでの集客を伸ばすことを前提とした

無料アクセス解析サービスも実施しております。

ご興味のある方は、ぜひお気軽に下記からお申込みください。

https://www.glcl.co.jp/contact

 

次回は、『オーガニック検索と検索クエリの比較』についてお伝えします。


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g