コラムを読む

カトエリの地域集客を見直すための10のポイント<その8>


「地域プロモーションの費用を抑えたい」「今やっている取り組みの効果が見えない」

地域集客の現場でお聞きする悩みのネタは尽きません。

そんなお悩みを少しでも解決できればと、地域集客を見直す上での大切なポイントを

10個にまとめました。今回は8つ目のポイントの話です。

※前回のポイントはコチラからどうぞ

https://www.glcl.co.jp/local-pr/post/664

 

地域としてのターゲットを決め、

ターゲットのニーズを喚起するストーリーを創り出した後は、

「狙ったターゲットにアプローチするための方法」を検討します。

 

ターゲットに対するアプローチ方法は様々です。

PRイベントを実施する、チラシを配る、旅行会社に商品を造成してもらう、

テレビやラジオでCMを流す、新聞や雑誌に広告を出稿する、WEB広告を活用するなど…。

 

どのターゲットを狙うかによって最適なアプローチ方法は変わります。

どの方法が適しているかについても、

ターゲットの嗜好性や行動パターンを踏まえて検証していく必要があります。

 

というわけで、アプローチ方法に正解はありませんが、

今までお話してきた「明確なターゲット戦略に基づいた集客施策」においては、

「WEB広告を活用したアプローチ」が有効であることが多いです。

 

というのも、WEB広告は細かく配信先を設定することができるため、

ターゲットをピンポイントに狙いやすいからです。

検索エンジンやSNSなどのWEB広告は

・市町村単位の居住地

・年代・性別・子供の有無

・興味のあるジャンル

・サイトに訪れたことがあるかどうか

など様々な条件を設定し、広告を配信することができます。

 

極端な話、

「A市の20代女性」と「B市の20代女性」に別々の広告を配信するということも、

「A市の30代男性」と「A市の50代男性」に別々の広告を配信するということも、

WEB広告では実現することができるのです。

 

今までの集客プロモーションの主流であったマスメディア広告は、

広くあまねく情報を認知させることを得意とする一方、一回の広告費用も大きくかかるため、

ターゲットを絞った広告を複数出稿するのは難しいというのが現実でした。

 

しかし、WEB広告であれば、ターゲットを絞ることができ、

さらに絞ることで費用が抑えられるため、

ターゲットごとに広告を出し分けていくというやり方が実現しやすいのです。

 

WEBが主流になったからWEB広告を活用するのではなく、

明確なターゲット戦略がある施策については、WEB広告の特性がマッチしている、

ということが言えるかと思います。

 

さらにWEB広告のもう1つのメリットに、

「集客プロモーションの効果検証のしやすさ」があります。

次回は、そのお話です。


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g