コラムを読む

長期インターンを育てるための方法論!筋トレ方式!?


こんにちは。 グローカルの長期インターン生の飯塚です。

長期インターンという制度について、
企業側のメリットやノウハウをご紹介するこのシリーズ。
今回は第3回になります。

今回のテーマは、ズバリ「学生のポテンシャルの引き出し方」です。
前々回の記事で、「学生インターンは会社に十分貢献する」ということをお伝えしたと思います。

その際に同時に述べているのが、
「ポテンシャルを引き出せば化ける」
「会社で受け入れ態勢を整える必要がある」

ということ。

つまり、
ポテンシャルを引き出すための受け入れ態勢が必要なのです。

というのも、
長期インターンは、短期間でインターン生を戦力化する必要があるからです。

通常の長期インターンは、
大学1~2年生が半年~1年程度続けるのが一般的。
定期的に新卒入社してくれる方もいるとはいえ、
一時的な雇用関係になる方も多いと思います。

正直、新卒採用目的のみで
長期インターンを雇用するのは非効率的です。

やはりきちんと活躍してもらう必要があります。
そのため、比較的短期間で力を付けてもらう必要があります。

さて、短期間で力をつけるための最も一般的な手段はOJTでしょう。
特に長期インターン生では、長期間の研修は難しいため、
自然とOJTで仕事を覚えてもらうことになると思います。

しかし、OJTのやり方こそ肝要。
言い換えると、
「どのような仕事を任せ、どのようにサポートするか」
が重要になってきます。


良くあるパターンとしては、
マニュアルのある単純作業を任せるパターンや、
マニュアルはなくても簡単な業務を任せて「わからないことがあれば質問してね」とするパターンがあります。

ですが、僕がお勧めしたいのが
「少し難しい業務を任せ、やり方を自分で考えさせる。
社員は相談役と成果物へのフィードバックに終始する。」

というやり方。

『守破離』という言葉があります。
初級者の頃は型を徹底的に守らせることで、
徐々に自分のやり方を見つけていくという意味の言葉です。

一見、
良くある二つのパターンが守破離で言う「型を覚えさせる」に当たり、
お勧めした方法では「型を覚えさせる」ことは難しいように見えます。

ですが、ここにある種の罠があると考えます。
というのも、先ほど述べた通り、
長期インターンは半年~1年程度しか勤めません。

この期間で「型を覚えさせる」には、
ある程度負荷を高める必要があります。
それこそ簡単な業務ばかり行わせると、
その業務しか出来ないインターン生になってしまうかもしれません。

一方、長期インターン生に対して
社員が付きっきりで支援することも難しいと思います。
ですので、本人が出来るギリギリの範囲のタスクを任せることが重要です。
ここは、筋トレと似ていますね。
インターン生がギリギリ出来る筋トレメニューをやらせ、
それに社員がフィードバックし、次のトレーニングメニューを与えるイメージです。


これにより、
短期間で自発的に「型を覚える」ことが出来ます。

その「型」は、その会社が構築した「型」とは少し違うかもしれません。
ですが、その会社が構築した「型」は、
新卒で入社してくれた後にじっくり教えるのが良いでしょう。

粗削りでも、仕事が出来る人間にすることを優先すべきだと考えます。
その方が本人も楽しいため、新卒で入社してくれる確率も向上するのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。
長期インターンの育て方は、新卒とは若干異なります。
将来の戦力の確保の為にも、
長期インターンの育成に本格的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g