コラムを読む

ホームページの閲覧時間を短くさせてしまう意外な原因とは?


600400Dollarphotoclub_76947401

ユーザーが貴社サイト1ページ目を見て、もういいやとサイトを閉じてしまう。

このように2ページ目に推移しないことを直帰といい、

その確率を直帰率といいます。

せっかく作ったホームページ、じっくり見てもらいたいのに、

直帰率が高くなってしまう・・・というお悩みをよく伺います。

 

ここで直帰率が高くなってしまう、よくある原因をご紹介します。

 

宿泊施設様の自社サイトには、よく「宿泊」というボタンがあります。

この「宿泊」というボタンが、ユーザーを混乱させる原因となっています。

 

「宿泊」というボタンを見て、ユーザーはこのボタンをクリックすると、

どんなことができると予想するでしょうか。

 

「宿泊」=プラン一覧を見ることができる

「宿泊」=予約可能な日程を検索できる

「宿泊」=宿泊するお部屋の写真を見ることができる

 

少し考えても3つはありますよね。

 

あなたは、どういう意味で「宿泊」というボタンを作っていますか?

本当にそのボタンは「宿泊」という名称でいいでしょうか?

 

「宿泊プラン一覧」「日付検索」「お部屋の様子」など、

ユーザーがこのボタンをクリックするとどんな情報が得られるか、

具体的に伝えることで直帰率という数値は大きく変わります。

 

ユーザーにどういった行動を起こさせたいか。

意外に疎かにしがちなボタンの名称を、

今一度見直してみてはいかがでしょうか。


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g