コラムを読む

マンネリ化の打破


組織の課題として多く挙げられることが
『マンネリ化』です。

 

マンネリ化とは
思考・行動・表現が型にはまって

新鮮さや独創性がなくなることなので、
継続的な成長が使命である企業にとっては

避けなければいけないものです。

 

マンネリ化するタイミング

組織づくりに携わる中で

マンネリ化するタイミングが

いくつかあると感じています。

 

誰もが経験するタイミングは

一人前になった後です。

 

コンサルティングをする際に

「何年で一人前になれるか」とご質問すると、
業態にもよりますが、

最も多い答えは1年~3年です。

 

一人前になった後は、

マネジメントに進む道もあれば、
専門性を追求してエキスパートになる道も

あるかもしれませんが、
そうした道に進まない場合は、

同じような相手に同じ流れで

同じ価値を提供していくことになり、
たちまちマンネリ化をします。

 

ほとんどの社員はどちらかに進むだろう

と思われるかもしれませんが、
実際は6~8割の方がその手前で止まって

マンネリ化する可能性を秘めています。

 

マンネリ化による弊害

マンネリ化による弊害は沢山あります。

 

モチベーションが下がる、

手を抜くことを考える、ミスが増える、
目の前の変化に対応できなくなる、

新たな発想が生まれにくい、そして退職です。

 

会社としては

より良い仕事をしてほしいと思いますから、
ずっと同じことを同じように

繰り返していたいという方はいづらくなって
最悪の場合は退職を選びます。

 

適度な新陳代謝は企業の成長にとって必要ですが、
まだまだ可能性がある社員が退職してしまうのは

とても残念なことです。

 

そのようなマンネリ化を打破するには

いくつか方法があります。

 

マンネリ化を打破する方法

?変化を認識させる
環境の変化・本人の変化の二つがあります。

 

環境の変化は

会社の業績数値やお客様の満足度の変化、
商品やサービスの変化などで、

本人の変化は課題の発見や成長などがあります。
こうした変化を

経営や上司から本人に伝えることが

停滞感の払拭につながります。

 

 

?小さな変化を求める

 

もともと変化を好まない人にとって、

大きな変化を要求することは

逆効果になります。

 

普段の仕事に一味加える位の

小さな小さな変化を要求することで、
変化を促しつつ、

変化への拒否反応も弱くできます。

 

 

?環境を変える
最もダイナミックな方法で

マンネリ化は払拭できますが、
会社としては手を付けにくいところです。

 

仕事を変える、

職場を変える、

人間関係を変えるなど、
環境を変えることができれば

マンネリ化は打破できますが、
実行する場合はサポートが重要になります。

 

?マンネリ化を打破する方法を身に付けさせる

 

?~?が外発的なのに対して、

内発的な方法です。

 

本人が週ごとの目標を立てて

達成感を得られるようにする、
水曜は早帰りをするなど

普段の働き方を変えるなど、
自身で刺激を得ることが

できるようになれば、
自身をコントロールできるようになります。

 

 

組織課題は多種多様ですが、

マンネリ化は避けられる課題です。

 

特に一人前になるまでが短期間の業態の場合は

マンネリ化する可能性は非常に高いといえます。

 

惜しまれつつ退職という

最悪のシナリオになる前に

手を打ってみてはいかがでしょうか。


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g