コラムを読む

【プレスリリースを使おう!】メディア露出の可能性は無限大!中小企業こそ取り組みたいプレスリリース(3)


プレスリリースを使おう!3

広報の樋口です。プレスリリース活用シリーズ、3回目です!

▼過去記事はこちら

プレスリリースを使おう!(1)

プレスリリースを使おう!(2)

 

このシリーズは、次の3人の方のために書いています。

 

?プレスリリースを出したことはあるもののいまいち的を射ていない気がする

?引き継ぎで広報を担当することになったが、自社の情報をどのような観点で発信したらいいのかわからない

?いずれ取り組んでみたいけれど、よくわからずハードルが高いと感じている

 

当てはまる方はぜひ読み進めてください。

 

前回は、プレスリリースの形式や、出し方についてお届けしました。

今回は、【プレスリリースを出す目的と役割】についてお伝えします!

 

プレスリリースを出す大きな目的=取り組みを世の中に知らせること

 

中小企業がパブリシティ(記事掲載)を実践することの目的は何だと思いますか。

大きな目的は、自社の取り組みをメディアに知らせることにあります。

では、どう伝えたらいいのでしょうか?

リリースを出した結果として、報道担当者や記者に「面白い」「興味深い」「取り上げたい」と感じてもらえれば、パブリシティの可能性の扉が開きます。

 

つまり、メディア側が「もっと話を聞いてみたい」と思うような取り組みであれば、「取材依頼」への第一歩です。

 

あくまで取材依頼であって、まだまだニュースになるまでにはいくつもの関門が待ち受けています。

 

なんとなく惰性で、チラシや広告のような情報を投げ込んだところで、響かないことも多々あります。

マウンドに立っているのに打者がどこにいるかを見ず、目隠しして投球しているようなものです。

続けていれば奇跡的にバッターボックスまでたどり着くこともあるかも知れませんが、再現性がないやり方になってしまいます。

 

お金が無尽蔵にあれば言うことはありません。しかしながら、限られた原資の中で効果的に世に知らせたいのが、中小企業のほとんどの経営者が思うところではないでしょうか。

かけるべきお金の使いどころを見極め、無料でできることも適切な企画と実行が欠かせないものです!

では、どのような内容であれば「もっと話を聞いてみたい」と思っていただけるのか。

それは、メディアがどんな視点で世の中を見ているか?を探ればヒントが見えてきます。

 

メディアが知りたい情報を予測する

メディアといっても、「地方紙」「全国紙」「テレビ」「ラジオ」「雑誌」など、伝える情報の分野、ジャンル、規模感はさまざまです。

まず自社の情報を「どのメディアに」もっとも取り上げてもらいたいのかを考えなくてはなりません。

お客様に向けて情報発信するときに、お客様のことを考えずに発信はしないはずです。

プレスリリースを出すときに、メディア側のことを考えて発信しなければ伝わらないというのも、うなずけると思いませんか。

メディアがどんな情報を欲しいと思っているかは、雑誌なら3冊程度(できればシーズナリティを意識して12冊あると◎)、新聞なら1週間程度読み込めばおのずと見えてきます。

新聞なら、何面にどの情報が掲載されているのか?

雑誌なら、何ページにどんなコーナーがあるのか?

をまずはざっと確認してみましょう。

PR TIMESでは、

  • 新商品/新サービス発表
  • 商品リニューアル/ロゴ変更/機能追加発表
  • 売れ行き好調データ開示(100万部突破!など)
  • 新店舗/新サイトオープン発表
  • キャンペーン開始発表
  • 募集開始/当選発表
  • CM放映開始/広告展開発表
  • イメージキャラクター就任発表
  • イベント開催告知(記者発表会/レセプション/一般向けイベントなど)
  • イベント開催報告(内容レポート)
  • 調査結果レポート
  • 受賞発表
  • 提携発表
  • サービス導入発表
  • 会社設立/社名変更/企業ロゴ変更発表
  • 決算発表/業績発表
  • 人事発表(新社長就任など)
  • CSR発表

(出典:PR TIMES)

 

このようなニュースを受け付けると表記されています。

PR TIMESはすべてのメディアがチェックしているとは言い切れませんが、多くのメディアが参加しています。

 

メディアに企業の取り組みを知らせる、その目的のために、

どのメディアに、どのように掲載されたいか。忘れがちですが、ぜひ見直してみてくださいね。

 

 

自社の取り組みは、「情報の羅列」にとどまってはいませんか?

要チェックです。

 

次回は、「プレスリリースの切り口例」をお届けします!

広報にまつわるご相談もお受けしています!

プレスリリースの書き方指導は、PR TIMESをはじめとするリリースサイトでも講習が行われています。

 

地元紙や、全国紙掲載を見据えてプレスリリースに取り組みたい。

そんなときは、グローカルにご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせは24時間お待ちしています!

 


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g