コラムを読む

旅館・ホテル経営者の悩みを解決する、部門間の連携力を高める3つのポイント


お客様により良いサービスを提供していく上で、常に宿泊施設経営者の頭を悩ませる問題のひとつが、「部門間の連携不足

 

  • 調理場と仲居が不仲でサービスの提供に影響が出てしまう…
  • 従業員間でのコミュニケーションミスがクレームにつながってしまう…
  • 人員は足りているはずなのに、業務効率が上がらず、人手が足りない…
  • このようなお悩みを抱いたことが一度はあるのではないのでしょうか?

そして、それを昔からあるもので仕方のないものだと諦めてはいないでしょうか?そこで、今回は、旅館・ホテルの経営者の方向けに、部門間の連携力を高め、サービスクオリティを向上させる手法をお伝えいたします。

 

部門間の連携力を高める3つのポイントとは?

部門間の連携力を高めるのは一朝一夕ではできないことは周知のとおりです。しかしながら、最初の一歩を踏み出すことで、確実に一歩一歩連携力は高まり、サービスレベルの向上につながるものでもあります。

 

部門間の連携力を高める3つのポイントを押さえることで、サービスレベルが向上し、ひいては、新規顧客から高いクチコミ評価を獲得し、リピート率を向上させることにつながります。

 

【部門間の連携力を高める3つのポイント】

 組織の目指す姿を具体化する

 施設として提供するサービスを具体化する

 部門間のコミュニケーションの機会を生み出す

 

組織の目指す姿を具体化する」とは?

 

まず、行うべきことは、当たり前なのですが、そもそも「自分たちがどのような組織でありたいのかを具体化すること」です。

 

  • 目指すべき組織の体制は?
  • 目指すべき風土は?
  • 自社で働く従業員はどのような人物が望ましいのか?

 

施設として、どんな組織でありたいのかについて理想を描き、それを従業員間で共有することで、同じゴールに向かうことが可能になります。これは、宿泊施設の採用戦略を構築する際に、特に感じることでもあります。

施設として提供するサービスを具体化する」とは?

次に行うべきことは、お客様にどのようなサービスを提供するのかを具体化することです。

 

サービスは日々提供し続けているものだから、今さら言われなくても分かっていて当然ではないかと思われるかもしれませんが、部門間では意外と互いの仕事を理解していないものです。

 

お客様宿に到着してからお帰りになるまでどのようなサービスを受け、それに対して各部門がどのような関わりをしているのか、これを明らかにすることで、部門間の業務に対する理解が深まります。これは、宿泊施設の業務改善を行う際に、特に感じることでもあります。

 

部門間のコミュニケーションの機会を生み出す」とは?

最後に行うべきことは、何と言っても重要な部門間のコミュニケーション機会の創出です。

できれば定期的に、部門間で意見を交換できる場を設けましょう。初めはうまくいかず、経営陣が間に入って議論を進める必要があるかもしれませんが、同じものを目指し、より良いサービスを提供するという目的を共有していれば、建設的なやり取りが生まれてきます。

 

これは、宿泊施設の人事制度構築を行う際に、特に感じることでもあります。

 

以上が、部門間の連携力を高める3つのポイントになりますぜひ経営者であるご自身みずから着手されるか、どうしてもご多忙な場合には、信頼できる部下に指示を出し実践してみていただければと思います。

もし仮に社内対応可能な人材がいないようであれば、知り合いの優秀な経営者仲間や人事コンサルタントなどに依頼をしてもよいと思います。

 

万が一、ご自身で実践してみてうまくいかなかったり、社内や友人経営者などで頼める人材が周りにいない、ということであれば、株式会社グローカルの経験豊富なコンサルタントが無料でご相談に乗らせていただきます。

その上で、組織戦略のプロに、目指す姿の明確化やサービスの独自性強化をご希望ということであれば、宿泊施設向けに特化した安価なパッケージもご用意しております。

 

上記パッケージサービスは、

「宿泊施設向け 人事制度パッケージver.2」としてリリースいたしました。

 

まずは下記無料相談から、お気軽にお問い合わせください。

 

個別無料相談のお問合せはこちら

 

お問い合わせ

 


Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g