コラムを読む

Google広告の新機能「ファインド広告」とは

2020年夏頃から本格的にGoogleディスプレイ広告のメニューのひとつとして追加された「ファインド広告」をご存知でしょうか?YOUTUBEやGmailの広告枠に広告を配信できる方法です。より精度の高いターゲティングができると言われている「ファインド広告」ですが、通常のディスプレイ広告のターゲティングとどこが違うのでしょうか?そのポイントをご紹介します。

精度の高いターゲティングができる「ファインド広告」

「ファインド広告」は、ディスプレイ広告の一種で、YOTUBE・Gmail・Discoverに広告を配信することができるサービスです。この3つはGoogleが提供するサービスの中でも特にユーザー数の多いサービスで、月に最大29億人のユーザーにリーチできます。特徴としては、下記3点です。

①Googleの主要サービスの広告枠に露出できる
ファインド広告は、YOTUBE・Gmail・Discoverの3つの広告枠に露出ができます。これらは最大29億人のユーザーを有しています。YOTUBEやGmailのユーザーは潜在ニーズ層へのアプローチが可能となります。

②ターゲティングの精度が高い
ディスプレイ広告のターゲティングは、cookie情報をベースに行われます。ファインド広告は、Googleアカウントベースのターゲティングができるので、より精度の高いターゲティングができると言われています。

③他との広告の組み合わせ
ファインド広告と通常のリマーケティング広告を組み合わせることで、ファインド広告で潜在ニーズ層を取り込み、リマーケティング広告で囲い込むことが可能となります。

デメリットとしては、より多くのユーザーに広告を配信するため、コンバージョンから遠いユーザーに配信されてしまう可能性があります。目的に併せて、上手に使い分けていきたいものです。

設定方法は、通常のディスプレイ広告のキャンペーンを選ぶ際に「ファインド広告」を選択します。その後は、通常のディスプレイ広告と同様の設定方法です。ディスプレイ広告と同じで、カルーセル広告の設定も可能です。

まとめ

2020年夏から全ユーザーが対象となったGoogleディスプレイ広告の「ファインド広告」。より精度の高いターゲティングができる広告として注目されています。ぜひ活用し、新たなターゲット層の開拓を行ってみてください。当社では、WEBマーケティングについての無料相談も行っています。ぜひご活用ください。

 

株式会社グローカルでは、地方の中小企業や、地方への参入を検討している中小企業のWEB集客・販促支援を行っています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

Contact無料相談・お試し契約

  • 毎月20社限定!
    無料相談
    毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け
    3カ月お試し契約
    お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことが可能です。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安だ
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g