コラムを読む

【セミナー実施報告】withコロナ時代の新・観光戦略②マイクロツーリズムを実現する集客方法【前編】

【セミナー実施報告】withコロナ時代の新・観光戦略②マイクロツーリズムを実現する集客方法【前編】のサムネイル画像

新型コロナウイルスの流行により、従来型の観光スタイルは大きな変革を求められています。「オンラインやITを活用した新たな観光スタイルの模索」や「近隣の人を呼び込むマイクロツーリズムの推進」など、新たな生活様式に合わせたwithコロナ時代の観光の方向性についてお話する「withコロナ時代の新・観光戦略セミナー」。第2回目の『1時間圏内からの集客が2倍に!マイクロツーリズムを実現する集客方法』について、ダイジェストでお伝えいたします。本ページは前編です。

マイクロツーリズムを実現する集客方法とは?

本セミナーでは、マイクロツーリズムは、「ターゲット戦略を踏まえ、WEB広告を活用した、ニーズ喚起型アプローチにより実現できる」とし、このコロナ禍において、GoToトラベルキャンペーン開催前にターゲットを明確にしたニーズ喚起型のWEBプロモーションを行ったことで、近隣エリアからの集客が2倍になった事例をご紹介しました。その成功の秘訣としては、下記3点です。
①具体的で明確なターゲット戦略の策定
②WEB広告を活用した集客プロモーション
③ニーズ喚起型アプローチ
これら3つのポイントについて、具体的事例を交えながらご紹介しました。

①具体的で明確なターゲット戦略
マイクロツーリズムは、30分~1時間圏内の顧客がメインターゲットとなります。通常、観光といえば1~2時間圏層を狙うことが多いことから、今までとは異なるアプローチが求められます。まずは、近隣在住者のニーズを正確に把握することが重要です。

②WEB広告を活用した集客プロモーション
マイクロツーリズムの集客手段としては、WEB広告がおすすめです。WEB広告は、マスメディア広告と異なり、「クリック課金型≒ユーザーが興味を持って広告をクリックしない限りは費用が発生しない」仕組みであるため、広告の無駄打ちが避けられるからです。Google広告・Yahoo!プロモーション広告共に、居住地が市町村単位や半径で絞れるため、近隣に絞った集客手段として最適です。

③については、後編でご紹介します。

まとめ

マイクロツーリズムを実現する3つのポイントのうち、「ターゲットとなる近隣在住者を洗い出し、ニーズを把握すること」と「集客手段としてWEB広告が最適である」ことをお伝えしました。後編では、「WEB広告を活用して、どのようにターゲットにアプローチしていくか」をご説明します。

 

株式会社グローカルでは、地方の中小企業や、地方への参入を検討している中小企業のWEB集客・販促支援を行っています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

無料出張相談・お試し契約がございます

  • 毎月20社限定! 無料相談 毎月20社限定で、全国を飛び回るグローカルのコンサルタントが直接貴社を訪問し、60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け 3カ月お試し契約プラン お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことができます。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
L o a d i n g