コラムを読む

中小企業経営者がコンサルティング会社に相談する際に用意しておくべき情報とは

コンサルティング会社への依頼を検討する際に、まずはその会社の無料相談に申し込んでみるという経営者の方も多いかと思います。多くのコンサルティング会社が実施している初回無料相談。せっかくなら意味のある時間にしたいですし、その後仕事を依頼するにしても、そのコンサルティング会社でよいのかしっかり見極めたいものですよね。

当社でも無料相談を実施していますが、お申し込みいただいた経営者から、「無料相談に向けて何を準備しておけばよいか」「相談内容が具体的に決まっていないけれど、この状態で相談にのってもらうことはできるのか」など、ご質問をいただくことがあります。このページでは、コンサルティング会社に相談する際に、中小企業経営者がどのような準備をしておくべきか、ご紹介します。

コンサルティング会社に相談する際に、特に準備は必要ない!?

「コンサルタントに相談」というと、なんだか仰々しく感じますが、誤解を恐れずに言えば、必ずしも用意周到に臨まなくてもよいかと思います。なぜならば、経営者が抱えている漠然とした不安や要望を引き出し、整理すること自体も、コンサルタントの重要な役割だからです。中小企業の経営者がコンサルティング会社への依頼を検討する際には、「人事制度の導入」や「業務改善」など、やるべきことが明確になっている場合もありますが、「売上が伸び悩んでいるが、どうしていいかわからない」「いい人材が採用できないが、これといった打ち手がない」など、漠然とした悩みや不安を抱え、その状態を何とか打破しようとしている場合も多いのではないでしょうか?

初回の相談時には、対応するコンサルタントに「経営者や会社としてどうなりたいか」を伝えてみてください。優秀なコンサルタントであれば、その理想の状態からの逆算で、現状分析に必要な情報をヒアリングし、理想の状態と現状の差分である課題を整理してくれるはずです。

まとめ

初回相談では、コンサルタントとしても、経営者とざっくばらんに話がしたいと考えています。お互いが信頼し合い、対等な関係を築けないことには、よい支援ができないからです。

「こんなこと聞いても大丈夫だろうか」と物怖じすることなく、疑問に思ったことや気になることはどんどんぶつけてみてください。そのキャッチボールが経営者にとって心地の良いものかどうかも、コンサルタントとの相性を見極めるひとつの判断材料になるかと思います。

以上のように、悩みや目指すべき方向性がぼんやりとした状態であっても、コンサルティング会社に相談することでやるべきことが明確になることがあります。そのコンサルティング会社に依頼をする・しないに関わらず、無料相談を上手に活用してみることもおすすめです。

無料相談・お試し契約がございます

  • 毎月20社限定! 無料相談 毎月20社限定で、グローカルのコンサルタントが60分間の無料相談を行います。

    【こんな経営者におすすめ】
    • 自分が感じる漠然とした経営課題を整理するための壁打ち相手が欲しい
    • 自社の課題がコンサルに依頼することによって解決できるのか知りたい
    • ぶっちゃけコンサル会社が何をしてくれるのかわからないので知りたい
  • いきなりの契約が不安な方向け 3カ月お試し契約プラン お互いの相性を見極めるため、3カ月様子を見ていただき、その後、契約更新するかどうか判断いただくことができます。

    【こんな経営者におすすめ】
    • コンサル会社と契約するのが初めてなのでいきなりの長期契約は不安
    • コンサルタントの力量や、信頼できるかどうかを実際の働き方で判断したい
    • コンサル契約を結ぶことで、自社にどのような影響があるのか見極めたい
詳しく見る
L o a d i n g