お悩みを解決する

WEB広告を運用しているけれど、売上アップにつながらない

こんなことはありませんか?

  • WEB広告を運用しているが、想定していた数の問い合わせがこない
  • 広告予算を上げる以外に、問い合わせを増やす方法がわからない
  • 受注につながるような、確度の高い問い合わせがなかなかこない

改善するためのチェックポイント

ポイント1 限りある広告予算を有効活用するために、コンバージョン施策に注力する

予算さえかければ、露出増加を行うことは難しくありません。一方、予算を抑えて効率的に問い合わせを取るのであれば、コンバージョン率を向上させる施策を打つことが重要です。具体的には、ターゲット顧客のニーズを加味したリスティング広告のキーワード抽出や広告文の見直しが必要になります。集客したいターゲット顧客を明確に設定することで、キーワードや広告文の精度が上がり、訴求力が向上します。

ポイント2 自社サイトのコンテンツを充実させることで、問い合わせの確度を上げる

ターゲット顧客のニーズを踏まえたキーワードでの広告露出や広告文を配信しても、リンク先である自社サイトのコンテンツが薄ければ、確度の高い問い合わせを獲得することは難しくなります。そのため、自社サイトのコンテンツの充実化は必須と言えます。また、単にコンテンツ量を増やすのではなく、「自社サイトを閲覧しているターゲット顧客のニーズを満たす」という観点でコンテンツ内容を検討することも必要です。

ポイント3 「リマーケティング広告」の有効活用で、問い合わせ検討層にアプローチする

予算が限られている際の効率的な問い合わせ獲得の手法として、一度興味を持ってサイトを訪れたユーザーに対して広告露出を行う「リマーケティング広告」の活用があります。即決はしなかったものの、一度サイトを訪れているユーザーは、新規でアプローチするユーザーよりもコンバージョン確度が高いことが考えられます。「後で検討しよう」「他と比較してみよう」と考えているユーザーの意思決定を促すのに最適です。

まとめ

ターゲット顧客像を具体的に描き、ピンポイントに訴求するアプローチを実施する

計画通りの売上をWEB広告であげるためには、ターゲット顧客の設定が一番肝要です。ターゲット顧客像を明確に設定することで、ターゲット顧客のニーズを踏まえてWEB広告も最適化でき、コンバージョンにつながらない無駄な露出も抑えられます。また、コンバージョン率を高める施策を検討する際には、自社サイトの充実化や「リマーケティング広告」の有効活用など、見逃しがちな観点にも目を向けることが重要です。

中小企業の経営に関する悩み相談や、
お問い合わせはこちら

TEL050-3852-2703

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 19:00

詳しく見る
L o a d i n g