お悩みを解決する

求人媒体に多額の費用をかけているのに、応募が集まらない

こんなことはありませんか?

  • 求人媒体の営業マンに言われるまま原稿サイズを大きくしたが人が採れない
  • 大手求人媒体への掲載以外に、効果的な採用施策を打てていない
  • 求職者へのリーチ数を増やしたいが、どうすれば良いかわからない

改善するためのチェックポイント

ポイント1 採用マーケットが過熱している状況を踏まえた露出施策を検討する

近年の人手不足や求人媒体の多様化から、採用マーケットは変容しており、大手求人媒体での露出を増やすだけでは、求職者に対し十分に訴求できなくなっています。採用ニーズが高まっている昨今、大手求人媒体は掲載社数が莫大であるため、相対的に露出量が下がっています。それを補うため、原稿サイズの大きい高額なプランで掲載する選択肢もありますが、求人媒体以外の露出施策を検討することが重要です。

ポイント2 自社の採用サイトを充実化し、採用ターゲットの応募率を向上させる

求人媒体以外の露出施策で最も重要なのが、自社の採用サイトの充実化。求職者は、応募前に採用サイトを必ず確認する傾向があります。そのため、たとえ求人媒体に情報を掲載していたとしても、自社の採用サイトを充実化させることは必須と言えます。自社の採用ターゲットとなる求職者を設定し、ターゲットのニーズを自社の環境が満たせることを訴求するような採用サイトを設計することが肝要です。

ポイント3 自社の採用サイトの露出をあげることで、応募までの導線を複数持つ

自社の採用サイトの充実化を行うのであれば、求人媒体経由だけではなく、自社の採用サイトからも直接応募が来るような仕掛けを打つことが重要です。例えばindeedやGoogleのリスティング広告など、自社の採用サイトを受け皿にした露出施策を検討してみましょう。また、大手求人媒体は自社の採用サイトに流入させるための手段のひとつと考えるべきであり、そこまで高いプランで掲載する必要はないでしょう。

まとめ

自社の採用サイトの充実化と露出向上により、大手求人媒体依存から脱却する

採用手法が大手求人媒体に頼りきりになってしまうケースは多々あります。ですが、大手求人媒体は一部の大手企業を除き、効果に対してコストが高すぎることがほとんどです。また、大手求人媒体は大手企業も数多く利用しているため、求職者の奪い合いは熾烈です。求職者は自社の採用サイトも確認する傾向を鑑みると、自社の採用サイトの充実化と、IndeedやWEB広告などで露出を図り、自社の採用サイトから直接応募してくる応募者を増やす施策が有効です。

中小企業の経営に関する悩み相談や、
お問い合わせはこちら

TEL050-3852-2703

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 19:00

詳しく見る
L o a d i n g